FC2ブログ

とるこ音楽観察日記。<新装版>

↑ 「日記」と銘打っていますが、「ぼちぼち記」と読み替えてください。(忙しくてそないに更新出来まへん (-人-))

Entries

自分の趣味、リバイバル ♪

もう半年も放置しました、このブログ( *´艸`)

いや、相済みません m(_ _)m
もっと更新したいと思いつつも、なかなか時間が取れませんもので。
と言うのは言い訳ですね。

今は大分自分の時間も作れるようになりましたもので、
趣味にも没頭できる時間が増えました。

して。
トルコ音楽は相変わらず朝晩と車の中で聴いております。
最近はずっとEmre Aydın (エムレ・アイドゥン)君です。
それにL'Arc~en~Ciel (ラルク・アン・シエル)のベスト盤などもノリノリで聴いております。
今日は久々にAyna (アイナ)のいっちゃん最初のアルバムも聴いてみました
 Ceyran (ジェイラン)とかの入ってる、アレ。

それよりも何よりも、タイトルにもあるとおり、
昔の読書の趣味が復活 (*´ω`*)したりしてるもんですからして。
読書の秋、ならぬ 読書の春・夏
でございます ( *´艸`)
ですんでここからは、トルコ音楽は忘れて書いてみます。

何かの拍子にいつも、なにがしかネット上で見つけてしまうんですが。

中学生くらいのころに刊行リアルタイムで読んでいた少年少女向き小説がふと気になりまして。

その題名は「聖刻1092 (ワース・イチマルキュウニ)」という冒険活劇的な小説でした。
その当時、「ジュブナイル小説」とか「ファンタジー小説」という括りはあまりありませんでしたが。
一言二言で説明すると

 中世的な剣と魔法の世界に、呪術と気合で動く機械ロボットがある!!

というヤツです。
とっても破天荒な世界観、型破りな小説でした。
でも、リアルタイムで読んでた当時は、そんなことつゆ考えず。
その頃の年齢をはるかに超え、登場人物の年齢もはるかに超えてから読むと
もっと深い読み方を出来たりして。

さてこの「聖刻1092 」シリーズ、文庫版も完全版も絶版状態でして。
というか、

最近やっと完全版の存在を知ったのに、既に絶版??

という悔しい思いを抑えて、ネットで古本を探しまくって全巻揃え終えました。
発行されて20年以上経つ文庫本なんか、もう二束三文ですね。
 …1冊1円レベルですよ (*_*;


さてもう一つは「アルスラーン戦記」です。
かの有名な「皆殺しの田中」こと田中芳樹先生の初期優良作品…
…ってか、まだ完結してへんやんか!! \(゜ロ\)(/ロ゜)/
 完結したのは、「マヴァール年代記」とか数え(以下自粛)

もう一年前くらいから、漫画化されてたんですね!(@_@;)
しかも「鋼の錬金術師」で有名な荒川弘先生で!!

…知った途端、何重にも驚きました。
もちろん、「アルスラーン戦記」、漫画も小説も全巻揃える予定です。
いや、今は光文社文庫が刊行中なので、それと、
カッパノベルスの「文庫版2冊合作」新書版も揃えようと思案中。
いや、でも、この合作本のイケてない点は1つ。

第一部の最後と第二部の最初を一緒にすんなよ~~!! (*´Д`)

何故かというと、

ページ3~4枚で、3年の年月が過ぎるんですよ?

あ、でも読み返すにはいいのか。
…ちょっとフクザツな心境です。

でも、漫画化で小説の方も重版されてて、最近やっとお求め安くなって来ましたよ。



でも、なんでイキナリこんな読書の季節になったんだろう?
と思って考えてみると。

しまった、「ロードス島戦記」が四半世紀を超えて復刊したことからだった…。

ま、いいんです。
どの本も親に捨てられて当時の本はなくなってしまっているので。
今回は、大人買いしますよ。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://turkpop.blog71.fc2.com/tb.php/356-561e4429

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール。

Nilufer


トルコ音楽大好き o(≧∀≦)○
Nilüferが、ヌシでございます。

上 ↑ の画像はネットアイドル(?)
in トルコのKita (キタ)嬢です。

今日の考えゴト。

最近のトラックバック

右サイドメニュー

フリーエリア

AX
Created by ez-HTML

ブログ内検索

ケータイ用QRコード

QR

メイルフォーム

ブロとも申請フォーム