FC2ブログ

とるこ音楽観察日記。<新装版>

↑ 「日記」と銘打っていますが、「ぼちぼち記」と読み替えてください。(忙しくてそないに更新出来まへん (-人-))

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてます。

大変長らく更新を放り出しておりましたが、生きております
無事ですのでご安心を m(_ _)m

別に自粛をしていたわけでも、節電に協力してと思っていたわけでもないのですが。
自分の時間がなかなか取れなかった、というのが実情で。
ええ、その分トルコな音楽についても情報収集出来てはおりません、ハイ (T_T)


さて。
今回の地震・津波の被害に遭われた方々には、遅まきながらではありますが、
衷心よりお見舞い申し上げます。

地震発生当時、全く揺れを感じなかったので。
視ていたTV番組の対応が尋常ではなかったので、大変なことになるかも! \(◎o◎)/!
とは思っていたのですが。

リアルタイムで津波が人や車や町や田畑を飲み込んで行く様を見せつけられて…涙しました。
TV画面に向かって『もうすぐ近くまで津波が来てるから、早よ逃げな!!』
と必死に呼びかけていた私。
もちろん画面の向こうの彼らには届きもしないのですが、
そうせずにはいられなく。


さて。
私の母は、戦時中子ども世代だった人で、
そういう情報統制下に発生した、記録にも残されていない南海大地震を経験したそうです。
今回被害に遭った三陸地方のように海と山が接近した地形の漁村にすんでいたのですが、
地震の後、底が見えるくらい海の水がみるみる引いて行ったので、
みんなで高台の神社に逃げた途端、大津波が襲ってきたそうです…。
その津波で母の祖母、つまり私の曾祖母が引き波で海に引きずり込まれて、
遺体も上がらなかったとか。

だからずっと津波の恐ろしさを言い聞かされて育ってきたので、
海や川の傍には住居を構えない、という心がけだけはしてきたのですが。
実際の津波は想像以上でした。

母が『(当時襲ってきた津波は)50メートルくらいあった』というのを、
『嘘やろ~~ん』 (-。-)y-゜゜゜
と、聞き流してしまっていたのですが。
今回の津波の最高到達地点が約40メートルだった、という報道を聞いて、
母の話が誇張でもなんでもなかったと知ったのでした。


…私に出来ることはほとんどないので、あちこちで義捐金だけはさせてもらってる次第です。
そして西日本だけでも経済を回さなきゃ、と思って普通に買い物してます。

今回はこんなとこで。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://turkpop.blog71.fc2.com/tb.php/325-5464c6d5

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール。

Nilufer


トルコ音楽大好き o(≧∀≦)○
Nilüferが、ヌシでございます。

上 ↑ の画像はネットアイドル(?)
in トルコのKita (キタ)嬢です。

今日の考えゴト。

最近のトラックバック

右サイドメニュー

フリーエリア

AX
Created by ez-HTML

ブログ内検索

ケータイ用QRコード

QR

メイルフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。