FC2ブログ

とるこ音楽観察日記。<新装版>

↑ 「日記」と銘打っていますが、「ぼちぼち記」と読み替えてください。(忙しくてそないに更新出来まへん (-人-))

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世の末に生まれて。

正直に告白すれば。

ラップ音楽ってーのは、自分的にはあんまり好きになれないジャンルなんでありますが。
トルコのラップ音楽、特に彼らの曲は大好きの範疇に入りますモンで、
自分でもフシギなんですが (-。-)y-゜゜゜

Manga (マンガ) - Dünyanın sonuna Doğmuşum (ドュンヤヌン・ソヌナ・ドウムシュム)
 (↑ リンクをクリックすると、別窓でYouTubeのページが開きます。)

前のエントリでも取り上げましたが。
トルコ国内でも国外でも有名な、
Mangaの新アルバム「Şehr-i Hüzün (シェフリ・フズン)」が出たんですな (〃▽〃)/

2006年にデビューアルバムを出したっきりの彼らでしたから。
これでようやくアルバムは第2弾です。


で。
この曲は最初のクリップカットになるわけですが。
ちょっと前から、トルコなラジヲでもバンバン掛かっておりまして。
アルバムは未入手なのに、憶えてしまいそうな勢いですよ (≧▽≦)ノ☆彡☆彡

聴いただけでノリノリになれまっす (≧ω≦)b
何て言うのか、こう。
聴いて歌って「スカッ」とする感じ、なんですけどね。


お国は変わって。
ニホンのラップ音楽って、こういう爽快感を何故か感じられないんですよねぇ。
「気だるい」感じと言うか、「もっちゃり」した感じというか。
日本語がラップに向いて無いのか、アーティスト性によるものなのか、はフメイですが。

そう言えば、亜米利加のラップスター、Eminemも久々に復活したようですな。
トルコ音楽にはあんまり関係ないんですがね (-。-)y-゜゜゜
 ウチのダンナは、以前好きだったかも。
でも、やっぱり。
本場・亜米利加よりも、トルコなラップの方が私の好みですな ( ̄▽ ̄)v


元々。
トルコ音楽の歌詞ってのは、たいてい丁寧に韻を踏んでありますんで。
韻を大切にするラップ音楽を作らせたら、
もしかしたらトルコな人たちが世界でもナンバーワンになれるかもしれませんな。
出来れば。
これで来年のユーロヴィジョンを目指してくれい (≧▽≦)ノ
 もう来年の話をして、鬼に笑われるか? ( Д|||)


自分で感じるのわ。
Mangaのラップってゆーのは、非常に上品に聴こえるんですよねー。
 視聴感には、個人差があります (汗)

…やっぱこのアルバムも買おうっと ( ..)φメモメモ

で、あの。
今回のヂャケットは「マンガ」絵ぢゃないのね? (爆)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://turkpop.blog71.fc2.com/tb.php/267-570e9571

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール。

Nilufer


トルコ音楽大好き o(≧∀≦)○
Nilüferが、ヌシでございます。

上 ↑ の画像はネットアイドル(?)
in トルコのKita (キタ)嬢です。

今日の考えゴト。

最近のトラックバック

右サイドメニュー

フリーエリア

AX
Created by ez-HTML

ブログ内検索

ケータイ用QRコード

QR

メイルフォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。